デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

なぜ僕はここにいるんだろう。
「挿入してほしい?」
既に今やギャルのアソコはぐちゅぐちゅに濡れてあり、手早く挿入してほしいと迫る様に裂けめがパクパク開いている。でも少年は強敵入れようとせず、
「やつのちびっこちん○じゃ何一つ小物足んなかったんじゃないの?ねえ?分厚くて長あいオトナチン○で突いてくださいってゆってみてよ」
そんなにいって焦らす。ギャルは表情を真っ赤にして、言いたくても言えずに黙って要る。それを見て少年は裂けめに存在を置き、
「あ――これはこれで涼しいね。コイツ挿れたらますますきもちいーって達するよ。知るでしょ?」
「あ……♡んんっ♡」
甘口な体感が旦那の念頭を制圧し、蕩けさせて出向く。もはや辛抱のてんこ盛りが近づいていた。
――言っちゃいけない。でも……。
――主人はギャル・由菜を以前に犯した客。トラウマを与えた客。そして、
「うわ、オレ、初チュー恐ろしい。たっぷりやわらかい。恐ろしい……でも由菜本当にチューマジうれしー!」
脳内に浮かぶのは由菜の彼氏、タケシとキスした時の事業。誠に主人は喜んでいた。
でも今はタケシではなく、違う男性に抱かれてある。しかもその男性はタケシの兄だった……。
続きは文章で!
・口コミ
本作品は男性専用作。
未だに完結していない連載間のラブストーリー。
由菜はタケシと付き合ってはいないものの、親友以来亭主以内の仲。しかし主人が引越す事業になり、キスしてしまう。そこまではよかった。だが由菜はかつてわたしを犯した男性と再会してしまう。その上主人はタケシの兄であり、もう一度主人に……。
という話ですね。いわゆる寝取られ存在です本作品。しかも抱かれる客が彼氏の兄であり、初恋の客、加えて必ずわたしを犯した男性という……あんな客と再会し、またヤる事業に患う由菜くんの高みはどんなものなのでしょう。
本作品はエッチパートが全面的に出ていますが、やはりラブストーリー的状況も深く、今後の促進がどうして上るかも甚だしくウリです。はい、だってタケシもタケシの兄も北海道へ引っ越してしまうから。じゃあ由菜くんは何方と講じるの?
という質問。無論まったく言及は終わっていません。かえって近々ともいえるでしょう。しかも由菜くんはタケシの兄にされめくり、発情しっぱなしの淫乱体調になっていると言うのに……!?
善悪一度、標本を読んでみてください!後悔しないクオリティだ!
フルーツ青汁